婚活方法

多くの人が婚活、婚活と言っています。では、実際にはどのような行動を起こしているのだろう。調べてみたいと思う。
一番多く取られている婚活の方法は結婚相談所への登録です。結婚相談所とは、結婚を望んでいる男女が会員になり、登録した結婚相談所が結婚を前提とした出会いを提供してくれます。初めてのデートの日時やお引き合わせ、交際をスタートしてから結婚するまでの過程を結婚相談所がフォローしてくれます。結婚相談書は結婚情報サービス業者と公共のサービスを指しています。市役所や村役場などが結婚相談所を設けている場合もあります。従業員がたくさん働いている大きな企業から社員数名の小さな企業まで多くの結婚相談所が日本には存在しています。国際結婚や身体障害者のための結婚相談所など結婚相談所のサービス内容も細分化されており自分の立場にあった結婚、理想の結婚を見つけられるようなシステムになっています。
一般的な結婚相談所の入会資格は独身であり、結婚を前提としたお付き合いを希望している人達です。細かい項目で見ていくと、男性は年収が安定しており、定年退職をしていない定職を持った人などがあります。女性では、容姿を気にする男性が多いため、年齢制限が設けられている結婚相談所も多い。職種や年齢、収入で入会審査を行なう結婚相談所もあり、入会資格は結婚相談所によって様々である。
結婚相談所のサービス特徴は会員の男女に出会いだけではなく結婚をしてもらうことを最終目標にしている所でしょう。その結果、成果報酬型を採用している企業が多いのも特徴の一つとして挙げられます。近年では普通のお見合いや付き合いだけでは顧客の満足度を高められないので、様々なニーズに応えられるようなサービスを提供してくれ、専門のカウンセラーが常駐しており的確なアドバイスやバックアップをしてくれる結婚相談所もたくさん見られます。
結婚相談所への入会費は基本的には男性の方が高額設定になっていることがほとんどです。女性が婿入りを希望している場合は、女性の入会費が高くなることがあります。条件などによって入会費も変動してきます。結婚相談所を巡ってトラブルも多く発生しています。結婚紹介サービスは特定商取引法の対象になっていて、消費者が契約途中であっても契約を解除出来るようになっています。不適切な勧誘行為の禁止やクーリング・オフ制度、損害賠償額の制限など悪徳結婚相談企業が存在しないように対策が取られています。いくつかのトラブル事例を挙げてみると、結婚相談所が契約の解除や返金に応じてくれない、契約書がない、解約金が高額などお金に対する苦情やトラブルと、サービス内容が悪い、契約時の話と違うなどサービスに対する不満から起こるトラブルがあります。トラブル相談件数も毎年増加傾向にあり、結婚相談所が増える一方でトラブルも発生しやすくなっているが現状です。

結婚する為の近道であるとされる結婚相談所への入会。期待や不安を抱きながらも、まだ見ぬ明るい結婚生活を求めて胸躍らせて登録する人々を騙し、お金を奪う行為はお金だけではなくその人の将来・未来を駄目にすることに繋がります。入会する側も事前の情報収集や企業形態をしっかりと把握し、売り上げ、企業理念、実績などしっかりと自分の目で判断することが大切です。良い結婚相談所を見つけることは、良い結婚生活へとイコール関係になってきます。

check

相続税の申告の際に税理士に支払う報酬

Last update:2018/10/25

*お問い合わせ*